何じゃいこの甘々処分・・

横綱の3本締め問題。

 

数々の卑怯な取り口、例の暴行事件もうまくすり抜けお構いなし・・と数え上げたらキリがない白鵬をここまで甘やかした相撲協会の責任はどうなんよ?そうそう、万歳事件もあったよね。

 

前代未聞の横暴な、またしてもの今回の行いの要因は、相撲協会が舐められきってるってことでしょ。

八角理事長は、礼節を守って欲しい・・と伝えたそうですが、何を今更ですよ。

礼節も相撲道も、これほど無視しっぱなしの力士はありましたか?

どんな手を使っても 、勝ち星を上げれば横綱として安泰・・礼節もへったくれもない状況をただせなかった相撲協会の存在感のなさが・・、協会自体の、相撲道を軽視の風潮が、こんな思いもよらない、あってはならない行動をやらせてしまう元凶だと思います。

 

横綱審議会もピリッとせん!

 

 

 

 


平成最後の〇〇・・

と、この1か月連呼でしたが、残すところ1週間。

 

やまんばにとって、平成5年〜18年の13年間の信州移住生活が、何といっても平成の一大事でした。

「まるも旅館」の新田さんとの出会い、サロンコンサートの数々、冬季オリンピックの開催、ニコライ先生のロシア語教室・・。

いつも応援してくれた沢山の友人。

 

13年間にギュッと凝縮された中身の濃い時間でした。

 

そして・・、古座川での暮らしも13年。

歌い続けてきましたが、大切な音楽仲間が逝ってしまった悲しい平成でもあります。

 

令和とは何年の付き合いになるのやら?

まもなくスタートです・・・。

 

 

 

 

 

 

 


郵便物はどこ行った???

19日(金)正午頃、古座川高池郵便局から和歌山市へ一通の封書を出しました。

すこし大きい目の茶封筒に持ち合わせの52円切手を貼り、不足分30円分の切手を買い足して出しました。

 

昨日22日(月)夕方5時前に和歌山から筺

「郵便物まだ届きませんが出してくれましたか?」。

 

20日には届いてる筈なのに、どういうこったい?

すぐに高池郵便局に電話で問い合わせたところ、19日に切手を貼ってくれた局員さんがおられて「申し訳ございません、確かに受け取りました。調べてみます」。

 

・・・・しばらくして、おり返しの筺

「和歌山の郵便局に問い合わせましたがわかりません・・。ここからは串本郵便局に集配されますから、串本に問い合わせます」。

 

今度は串本郵便局との電話のやり取りがはじまります。

いうには・・・、「普通郵便は4日ぐらいの遅配はあります」って。

ー私の郵便物はいったいどこにあるんですか?−

「わかりません」。「すみません」。

 

だんだん腹が立ってきて、もし、郵便物が出て来なかったらどう責任とってくれるんですかっ!!

「はい、郵送料金(82円の切手代)はお返しします」じゃと!アホかいな!!

 

とに角、明日の朝9時までによく調べて電話下さい。

・・・で、今朝8時50分ごろ電話あり、「どこにあるかわかりません・・」って。

 

もうここまでくると、あきれ果てて言葉なし。

もう一度郵送しなおそうと準備していたら、9時15分ごろ、和歌山の郵送先から今届きましたの電話・・。

 

結局、4日間私の郵便物はどこへ行ってたのでしょう。

どこに問い合わせても「すいません、わかりません、ありません、普通郵便の遅配はよくあることで・・」。

 

意味不明の4日もの遅配をしておきながら、何の説明もなく、さっぱり要領の得ない郵便局の応対に、腹立ちまくりの、あきれ返りまくりのやまんばでした。

 

 

 

 

 

 

 


食品営業許可・・

の期限満了のため、継続手続きに今から保健所へ・・。

 

6万円の出費です。

手数料と協会費37000円、許可年限分22800円。

何のために必要な費用か?高額なことに驚きです。

協会費って何?何の協会?協会から連絡・お知らせなど一度もないけど・・・。

 

高額の内訳を聞いてこよう・・。

 

 

 

 


出たっ!!

ムカデ!!!!!!

 

恐怖の田舎暮らし、今日からまた始まりました。

ここでの暮らしの一番の弱点。

こればかしは防ぎようがない。冬がまた訪れるまで、寒くなるまで、毎日ひこひこしながら暮らします。

あ〜ぁ、長いな〜。

 

・・・・・・・・・・ ・・・・・・・

 

「いだてん」今回も面白かった!落語話を除いては・・・。

♪〜あいたかばってん、あわれんた〜い ・・

あの二人が祝言って?ヒエ〜〜〜〜〜!

 

 


ず〜〜〜っと

お天気続いてます。

 

年明けから雨が少なく、川は水不足状態が続いてて、これじゃ今年の「鮎」はアカンな・・って声も・・・。

ここに住んで、こんなの初めてです。

昨日は暑いくらいだったのに、今日は爽やかな乾燥した風が気持ちいい・・。

 

長男が朝一に仕入れてくれた「いちご」、夕方に届きます。

今晩炊きますよ〜。

いちごジャムは今回で終了。

 

・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

 

ボルゾイ「バジル君」、3回目の手術、今日です。

頑張れガンバレ、きっと上手くいく。

 


久々のトスカ・・・

昨夜の「OPERA×JAZZ」。

 

バリトンもテナーも力一杯、元気いっぱい。

ジャズ風にアレンジされた伴奏は違和感なく楽しいものでした。(音楽的には・・)

・・・が、ボリューム強強で、あ〜〜〜〜やかましい!

二重唱のハモリがうるさすぎてわからん。

野外コンサートならとも角、小ホールでマイクガンガンはこたえました、正直なところ。

これが今風なのか?

 

 

プッチーニの「星は光りぬートスカー」・・、何年振りか?生で聴くのは。

効果的なアレンジはここでは魅力的でした。やっぱりプッチーニはええな〜♪

「泣くなリュゥートゥランドットー」と、この2曲は大好きなテナーのアリアです。

 

最後まで聴かせてもらって、県文を9時に出て、11時半過ぎに無事帰宅。

実は、日帰りってことでタキが運転してくれました。ご苦労さん!

 

昨夜のような、有り余ったエネルギーはどこを引っ叩いても出てこないやまんばですが、媚びることなくシンプルに・・のポリシーを最後まで貫きたいと、12月のコンサートに思いを馳せながら帰ってきました。

久しぶりのコンサートは今の自分を考えるいい機会になったようです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 


和歌山へ・・

「プレミアムコンサートOPERA×JYAZZ」(県分小ホール)

・・に出かけます。

 

内容は一切わかりません。

ちらしはりっぱですが、プログラムは書かれていませんので・・・。

(主催者だけが知ってる・・ってことやね)

 

テナー、バリトン、ピアノ、ベース、ドラムの演奏らしいです。

とに角横文字が多くて、昔でいえば「ハイカラ」ってことか・・・。

非常に不親切なちらしに驚きました。

 

お昼から出ます。

カフェは臨時休業させていただきます。

 

 


お知らせ♪

チェロの大町さんと、辻さんと12月にコンサートします。

 

12月1日(日)pm2:00開演 クリスマスコンサートin霧の郷たかはら

 

詳細はこれから。

 

 


童謡唱歌を歌おう会

今日は中山晋平ばかりのプログラムでした。

 

♪ あの町この町 ♪ あめふり ♪ 雨降りお月 ♪ 兎のダンス ♪ 肩たたき

♪ しゃぼんだま ♪ 証城寺の狸囃子 ♪ 砂山 ♪ 背比べ ♪ 黄金虫

 

中山 晋平記念館を訪ねる「夢」に向かって練習をはじめました。

 

 


| 1/219PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM